CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< T.Cオーケストラ | main | ELFは大変な二日酔いを盗んでいきました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
440? 442?
現在我が家のピアノの調律中。

如何に音の狂ったピアノを弾いていたのか分かる、恐ろしい瞬間である。

さて、ドレミファソラシドを知らない日本人は恐らくいないだろう。
では、ドレミファソラシドの高さをどのように規定しているか、ということに関してはどうだろうか。

これに関しては、国際的な「慣例」というしかないのだが、真ん中のA(ラ)の音を442Hzで合わせるのが一般的であるようだ。

ところが、いわゆるポピュラー音楽に関しては、440Hzが幅を利かせている。電子楽器の基本設定モードを見ればすぐに分かるが、ピッチの設定は440.0Hzになっている場合が大抵である。

この2Hzが何を意味するかは非常に議論の余地のあるところであるが、クラシック畑の人間は大抵の場合において、この440Hzのピッチに違和感を覚えるのである。

つい先日の話である。ヴァイオリンの録音中に、調弦を440にするか、442にするかということを演奏者と相談した。私はまず440Hzにしてもらうよう頼んだ。
すると、確かに低いのである。普段から楽器の音を聴き慣れていると尚更それを感じるはずである。

私は迷った結果、442に戻してもらうことにした。この曲にはピアノも入る。ピアノを442にしている以上(ピアノの調弦を440にすることは事実上不可能)、他の楽器を全て合わせる必要がある。

シンセサイザーの設定も442にしてみた。
ある意味今まで目をつぶってきた部分。

これからのUtAGeの曲のうちいくつかは、ピッチが他の一般の曲に比べてずれているように感じるかもしれない。が、まぁご容赦くださいw
| 雑記 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:40 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック