CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 鬱 | main | あきらMENなよ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
勉強中
Sebastian アイリッシュ楽器について調べています。

 近年、日本国内でも人気の高まっているアイリッシュ音楽ですが、残念ながら私はにわかファンで、日本人の作曲家の「アイリッシュ風」の作品を聴いて「ああ、アイリッシュいいなぁ…」なんて言ってたりするモグリなので、詳しくも何ともありません。

 でも、自称「アイリッシュ風」を以前作ったことがあります。メンバーに聞いて回ったものです。「ね?アイリッシュっぽいでしょ?」

 それから1年が経ちました。また私はそんなものを作ろうとしています。

 別に私は「アイリッシュ音楽」を作りたいというわけではありません。ただ、あの素朴さと雄大さを兼ね備えた雰囲気を、自分の音楽に取り入れたいと思っているのです。「風」という一文字が絶対に取れない音楽ですが、どうせならその魅力をよく理解しておいたほうが、自分の創るものもよりその魅力を色濃く持ったものになるのではないかと。

 自分でそれっぽいと思っていても、知っている人からすれば「見当違いも甚だしい」ということにもなりかねません。そうだとしたら、とても恥ずかしいことだと思います。


 楽器の特徴を知れば知るほど、悩みも多くなります。使いたいすべての楽器を調達するのは不可能です(涙

 例えば、フルートひとつにしても、アイリッシュのフルートはオーケストラなどで使われるフルートと違って木製です。調達は難しいです。

 アイリッシュハープとか、現物を見たことすらありません。

 ティンホイッスルとかだったら安いし買えるんだけどなー。リコーダーより難しいのかな(滅



 レコーディングが差し迫っているのに、悠長に調べ物してていいんだろうか・・・
| 作曲 | 23:45 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:45 | - | - |
コメント
だぁいじょうぶ!
| すー造 | 2009/05/09 2:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagemusic.jugem.jp/trackback/283
トラックバック