CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 妥協は許さない。 | main | 月歩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
作詞

Sebastian 今回、私が作詞を担当する曲がありました。それも複数。
 今までも数曲書いたことがありましたが、正直自分が作詞に向いていると思えないのです。ボキャ貧だし、すぐに説明文っぽくなるし・・・

 そんな自分の文章のセンスをどうにかしよう、という裏テーマもあり、今回はかなり気合を入れて詞を書きました。


 出来上がった歌詞は、なんというか…あれです。

 中二病

 一言で言ってしまえば、そんな匂いがするのです。

 でも、一応テーマに沿って作ったものです。恥ずかしいのですが、恥ずかしいとは言っていられない。

 そういうテーマを設定してしまった自分自身を恨むしかないのです(笑)


 自分で書くことにはメリットがあります。

 それは、音と言葉のリズムや音程を確かめながら文字を置くことができる、ということです。

 話し言葉であっても、音程が上がったり下がったりすることは日常生活の中で感じることが出来ると思いますが、その「言葉の本来の音程」と、「曲の音程」も、揃っていたほうが本当は美しいのです。

 例えば、「あした」と発音する場合、「あ」より「し」、「し」より「た」のほうが高い音を出しているはずです。共通語であれば。

 なので、「あした」という歌詞には、上に上がるメロディーが本当はふさわしいのです。

 もちろんすべてに当てはめるのはとても難しいのですが。


 リズムに関しても似たようなことがいえます。

 こういった、「言葉」の「音楽的要素」を考慮して歌詞を書くのは、作った人にしかなかなか出来ないことじゃないでしょうか。


 さて、、、作業に戻りますw

| 作曲 | 00:59 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:59 | - | - |
コメント
…とは言うものの
せばこの歌はフレーズの区切りで
言葉が切れてないからめっちゃ歌いにくいぞ!!
今日の録音が神だったのは
のえちゃんが天才だから出来た技と言えよう←超上からw
| のえる | 2009/07/03 1:12 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagemusic.jugem.jp/trackback/304
トラックバック