CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 爪が伸びてきた | main | 物凄く空気的なドラマーです >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
つい

Sebastian このブログを読んでいる皆様は、どんなシルバーウィークを過ごされたのでしょう。

 私は、「この連休中はピアノを頑張ろう」と決めていました。



 今練習している曲は、自分が今まで経験したことのないような難曲で、大きな壁に立ち向かっているような、そんな思いで取り組んでいるのですが、余りに難攻不落で攻めあぐねているのも事実でした。

 連休を利用してじっくりとピアノと向かい合って、少しでも目に見える上達を、と思って練習に取り組んでいたわけです。


 ところが、そういう時に限ってアクシデントが発生するのです。

 この曲は、思い切り手を広げて、鍵盤に指を打ち付けるようにして、弾く箇所が多くあるのですが、その際に小指の爪を少し剥がしてしまったのです。

 間抜けなことに、しばらく気付かずに弾いていました。ちょっと休憩しようとした時にやっと爪がおかしいことに気付き、あわててテーピングをしました。
 気付いてしまうと痛くてまともにピアノが弾けません。その曲の練習を打ち切って、別の軽い曲を弾き始めました。


 この記事を打っている私の右手の小指には、今も白いテープが巻かれています。


 え?それがどうしたって?




 …せっかくやる気になった時を狙ってアクシデントが発生するのはなんでだろう、と言いたかっただけです。


 だいたい、普段サボっているからこんなときに慌てることになるわけで、怠け者の節句働きというけれど、まさに私のことだなぁ、と。




 

| ピアノ | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:09 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagemusic.jugem.jp/trackback/331
トラックバック