CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< どうしましょう。 | main | きたねえ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
コミティア&M3戦利品紹介。その3

 すっかり遅くなってしまいました。

 
 最近の食事がかなり健康的で、絶好調を維持しています。

 野菜の値段がちょっと高めなのが気になりますが、それも夏に向けてだんだん落ち着いてくるでしょう。 

 そんなわけで、第3回お食事会…じゃなかった、コミティア&M3戦利品紹介のはじまりまじまり〜



 ・四季楽典[5150様]


 主に東方のメタルアレンジで活躍されていた5150様の初のオリジナルCD。
 クサいです。この一言で十分でしょう。

 この熱さと臭さと壮大さにやられます!


 ・柔らかな陽の射すところ[Music Pandora様]


ピアノソロのCDです。
サイトには「暖かくてわかりやすいアルバムを目指してます」とありますが、まさにそのとおりになったのではないでしょうか。
クラシックとなると、どうしてもその「分かりやすさ」が犠牲になってしまう場合があったりもしますが、そこを、上手に軌道修正しながら作られているように感じました。


 ・ヒダマリ the origination[10-GALLON様]


 コミティアでお隣だったサークルさんの作品です。
 なんだろう。。。一言で言えば、

 暑苦しい!

 これに尽きます。力強いサウンドで、「ヒダマリ」というタイトルからポカポカしている雰囲気を想像していると、軽くジャブを食らったような気分になります。


 ・route79/marie-k [Musicworkstation様]


 オシャレでクールというのは、こういう音楽を指すのでしょう。
 多分、近未来的なサウンドというと分かりやすいのかな。
 
 サックスってこんなにかっこいいんですね…それを思い知らされたCDでした。


 ・エルダ [ソラユラ様]


 全曲アカペラというのは、とても珍しいのではないでしょうか。
 絵本になっているのですが、読めない文字(!?)がたくさん書かれていて、想像力を掻き立てます。
 

 ・アジャルタ〜渇いた大地の民へ〜 [ウチナキレコード様]


冒頭のコーラスで一気に引き込まれました。
雰囲気を作るのが上手だという印象です。

耳に残るメロディでした。


 ・ふたりのよあけ[れいんふぉれすと様]


 ADIEUさんの隣にいたサークル様。
 素朴なサウンドに暮月夕可さんの素朴な歌声。
 
 「穏やかさ」と、いい意味での「土臭さ」が共存しているように思いました。


 ・Bougainvillea Dreams [Sing, R. Sing!様]


 鍵盤ハーモニカを使った作品を製作されているサークル様ですが、このCDでも大活躍しています…よね?(謎)

 私も収録した経験がありますが、実はものすごい表現力を兼ね備えている楽器なのではないかと思います。

 聴いていて、とても楽しい気持ちになるCDです。



 というわけで・・・ご馳走様でした!!!


 

| 編集 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:53 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://utagemusic.jugem.jp/trackback/432
トラックバック